利用規約

DUP利用規約(以下「本規約」といいます。)は、DUP(第1条において定義します。)の利用申し込みをする方(以下「申込者」といいます。)および実際にDUPを利用する方(以下「利用者」といいます。)に適用されるものとします。
第1条(DUP)
「DUP」とは、株式会社WHITE(以下「当社」といいます。)が提供するインターネット上のダンスコンテンツ配信サービス(http://dup.tokyo/)および当該サイトに付随するメール配信、その他各種サービスの総称をいいます。
第2条(利用申し込みおよび本規約の適用)
1. 申込者は、DUPの仕組み、DUPにより提供されるサービスの内容および本規約を理解・承諾のうえ、当社の定める手順に従い会員登録およびDUPの利用申し込みをするものとし、利用者は本規約に同意のうえDUPを利用するものとします。
2. 申込者または利用者が未成年の場合、DUPの利用に申し込みを行うこと、DUPを利用すること、DUPを利用開始後にDUPに関する新たな契約を締結すること、および本規約の内容に同意することついて、親権者に事前に同意を得たうえで、DUPの申し込みおよび利用を行うものとします。当社は、未成年である申込者または利用者がDUPを申し込みまたは利用したことをもって、親権者に同意を得ているものとみなします。
3. 親権者は、申込者および利用者がDUP上で行う一切の行為および契約について、いかなる場合においても連帯して責任を負うものとします。
4. 当社がDUPで提示する、運用ルール、プライバシーポリシー、およびその他諸注意等(以下「諸注意等」といいます。)が存在する場合には、本規約をもってこれを了承したものとみなします。
5. 当社は申込者がDUPの利用申し込みを行ったこと、または利用者がDUPに含まれるコンテンツや各種情報を閲覧したことをもって、申込者または利用者が本規約に同意したものとみなします。
第3条(ユーザーアカウント)
1. 利用者は、DUPの会員登録を行い、申し込み方法によって異なる以下のいずれかの方法により、DUPの利用に必要なIDおよびパスワード(以下「ユーザーアカウント」といいます。)を取得するものとします。
(1) 申込者と利用者が同一の場合
申込者(利用者)によるDUPの利用申し込みがなされ、当社がこれを承諾した場合には、当社からユーザーアカウントが申込者(利用者)に直接付与されます。 (2) 利用者の親権者が申し込みを行う場合等申込者と利用者が異なる場合 申込者によるDUPの利用申し込みがなされ、当社がこれを承諾した場合には、当社からユーザーアカウントが申込者に付与され、申込者からユーザーアカウントが利用者に付与されます。申込者は、ユーザーアカウント付与時に、利用者に本規約の内容を説明のうえ遵守させるものとします。
2. 申込者および利用者は、会員登録の際に入力または提供した情報(以下「会員情報」といいます。)の内容につき、自ら責任を負うものとします。会員情報の内容に変更が生じた場合には、申込者および利用者は、直ちに情報の更新を行い、常に最新の情報を当社に提供するものとします。
3. 当社は、会員情報が誤っている場合など、当社が適当でないと判断したときは、ユーザーアカウントの付与または付与済のユーザーアカウントの停止を行う場合があります。
4. 当社が発行したユーザーアカウントは、当該ユーザーアカウントの発行を受けた(本条第1項に基づき申込者から提供を受けた場合を含み、以下同様とします。)利用者のみが利用可能なものとし、第三者への譲渡、貸与を禁止します。
5. 発行されたユーザーアカウントの利用によるDUP上での行為は、すべて当該ユーザーアカウントの発行を受けた利用者の行為とみなすものとし、申込者および利用者は、自らの責任のもとで、DUPの利用、ならびに、ユーザーアカウントの管理を行うものとします。ユーザーアカウントの第三者による盗用に伴ういかなる損害の発生ついても、当社は返金等を含め一切の責任を負いません。
第4条(有料サービス)
申込者(申込者が利用者である場合も含み、以下本条および第5条において同様とします。)は、DUP内で当社が提供する有料サービス(以下「有料サービス」といいます。)の申し込みを希望する場合には、以下に定める内容、有料サービスの仕組みおよび有料サービスの内容を理解・承諾のうえ、当社の定める手順に従い申し込みを行うものとします。
1. 申込者は、有料サービスの利用を希望する場合は、当社が定める各コースから希望のコースを選択し、申し込みを行うものとします。
2.申込者が、前号に従い申し込みを行い当社が承諾の意思表示をした場合は、当該申し込みをしたコースに定める期間(以下「利用期間」といいます。)の有料サービスに関する個別契約(以下「有料サービス契約」といいます。)が成立するものとします。
3.自動更新の定めのある個別契約は、利用期間満了する月の末日までに、所定の利用終了手続きに従って、申込者から利用終了の意思表示を受けなかった場合、さらに同一条件で延長されるものとし、以降も同様とします。
4.申込者は、有料サービス利用の対価として、個別契約に従った金額(以下「有料サービス利用料」といいます。)を支払うものとします。なお、支払いの際に必要な経費(手数料、クレジットカードの会員費などをいいますが、これらに限られません)は全て、申込者の負担とします。
第5条(請求および支払方法)
1. 有料サービス利用料の支払は、クレジットカード決済によるものとします。
2. 当社はクレジットカード決済の請求にかかる業務をGMOペイメントゲートウェイ株式会社に委託することができるものとします。
3. 申込者は、月中に有料サービス解約手続きを行った場合、解約手続きを行った日の属する月の末日までサービスが利用できるものとします。
4.当社は、有料サービス利用料について領収書の発行をいたしかねます。
第6条(退会および解約)
1. 申込者および利用者は、DUPの会員を退会したい場合、当社所定の手続きを行うものとします。
2. 当社は、申込者もしくは利用者が退会をした場合、当社がDUPにおいて申込者または利用者が登録した情報および利用者による利用履歴の全部または一部を削除したとしても、利用者はこれに関して一切異議を唱えられないものとします。申込者および利用者は、自らの責任で必要な情報を保管するものとします。なお、本項は本項に定める場合以外において当社が当該情報および履歴等を保管する義務を定めるものではありません。
第7条(ユーザーアカウントの停止および抹消)
1. 当社は、申込者もしくは利用者が本規約に違反したと判断した場合のユーザーアカウントの停止および抹消、将来に渡った会員登録の禁止、当社との間の一切の契約の解除等、当社が適切と判断した措置を行うことができるものとします。月中にアカウント停止した場合でもアカウントを停止した日の属する月の利用料は末日まで利用したものとみなし引き落とされます。申込者もしくは利用者は、これを予め承諾するものとします。
2. 当社は、利用者が一定期間以上DUPを利用しない場合、または当社が必要と認めた場合には、当該利用者に対し事前に通知したうえで、ユーザーアカウントを停止および抹消を行うことができるものとします。
第8条(禁止行為)
1. 申込者および利用者は、DUPにおいて以下の行為または以下の行為に該当する恐れのある行為をしてはならないものとします。
(1) 意図的に虚偽の情報または誤解を招く情報を登録する行為
(2) 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の他人の権利を侵害する行為
(3) 個人や団体を誹謗中傷する行為
(4) 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれがある行為
(5) 当社がDUP上で提供する各種サービスを不正の目的をもって利用する行為
(6) DUP上で発生した不具合を利用する行為
(7) 当社の承諾なく、営利を目的とした情報提供等の行為
(8) DUPの運営を妨げる行為、または当社の信頼を毀損する行為
(9) 本規約に違反する行為
(10) その他当社が不適切・不適当であると判断した行為
2. 前項に掲げる行為によって、当社または第三者に損害が生じた場合、申込者および利用者はすべての法的責任を負うものとし、当社および第三者に損害を与えないものとします。申込者が利用者の親権者である場合、利用者が前項に掲げる行為によって、当社または第三者に損害が生じた場合、申込者はすべての法的責任を負うものとします。
3. 当社は、申込者および利用者が前2項に掲げる行為を行ったと合理的に判断した場合、事前に通知することなく、ユーザーアカウントの停止および抹消、将来に渡った会員登録の禁止等、当社が適切と判断した措置を行うことができるものとします。
第9条(サービスの停止、中断、変更および終了)
1. 当社は、以下の各号に該当する場合には、申込者および利用者への事前の通知をすることなく、DUPの停止および中断を行うことがあります。
(1) DUPの保守または仕様の変更を行う場合
(2) 天変地異その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、DUP上で提供する各種サービスの一部または全部の運営ができなくなった場合
(3) 当社がやむを得ない事由によりDUP上で提供する各種サービスの停止が必要であると判断した場合
2. 当社は、利用者へ事前の通知をすることなく、DUPの内容および仕様をいつでも変更することができるとします。
3. 当社は、申込者および利用者に通知のうえ、DUPを長期的に中断または終了することがあります。
第10条(著作権等)
1. DUPを通じて提供されるすべての文章、画像、映像、音声、プログラム等のコンテンツについての著作権等の知的財産権は当社または当該コンテンツ提供元に帰属するものであり、申込者および利用者は、当社の事前の承諾なく、複製、転載等の使用をすることはできません。
2. 本条の規定に違反して紛争が生じた場合、申込者および利用者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社および第三者に一切の損害を与えないものとします。申込者が利用者の親権者である場合、利用者が本条の規定に違反したことによって紛争が生じた場合、申込者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社および第三者に一切の損害を与えないものとします。
第11条(不可抗力)
1. 当社は、通常講ずるべき対策では防止できないウィルス被害、停電被害、サーバ故障、回線障害、および天変地異による被害、その他当社 の責によらない不可抗力に基づく事由(以下「不可抗力」といいます。)による被害が申込者または利用者に生じた場合、一切責任を負わないものとします。
2. 当社は、不可抗力に起因してDUPにおいて管理または提供されるデータが消去・変更されないことを保証しません。
第12条(当社の非保証)
1. 当社は、(A)DUPの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと、(B)DUPから得られる情報等が正確なものであること、(C)DUPを通じて入手できる役務、情報等が利用者の期待を満たすものであることのいずれについても保証するものではありません。
2. 申込者および利用者は、DUP上で提供される情報について、その最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性の確実性等、DUPに よる効果一切等について何ら保証しないことを了承のうえ、自己の責任においてDUPを申し込みおよび利用するものとします。万が一、当該情報に関して 何らかのトラブルが生じた場合にも、当社は何ら責任を負いません。
第13条(DUPの利用に係る機器および通信費)
利用者は、DUPを利用するにあたって必要な通信端末および通信機器等の通信環境を自らの費用と責任において整えるものとします。また、DUPの利用にあたって必要な通信費用等は当社は一切負担しないものとします。
第14条(反社会的勢力の排除)
1. 当社、申込者および利用者は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、半グレ集団等、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2. 当社、申込者および利用者は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(4) 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれがある行為
(5) その他前各号に準ずる行為
第15条(当社の責任)
DUPの利用は、利用者の責任で行われるものとし、当社は、DUP(これに付随する当社または第三者の情報提供行為等を含みます。)の利用により申込者または利用者に生じる一切の損害(精神的苦痛、身体的傷害、負傷等、またはその他の金銭的損失を含む一切の不利益を含みますが、これらに限られません。)につき、一切の責任を負わないものとします。
第16条(規約の変更)
1. 当社は、利用者、申込者に事前の通知をすることなく本規約および諸注意等を変更することができるものとします。
2. 変更された本規約および諸注意等は、これらをDUP上に掲示した後、利用者がDUPを利用した時点をもって承諾されたものとみなします。
第17条(個人情報)
個人情報の取扱いについては、別途定めるプライバシーポリシーに従うものとします。
第18条(分離条項)
本規約および諸注意等に定めるいずれかの条項が管轄権のある裁判所により無効である旨判断された場合には、かかる条項は、法律が許容する限りで、本来の条項の趣旨を最大限実現するように変更または解釈されるものとし、また、本規約および諸注意等のその他の条項の効力には何らの影響を与えないものとします。
第19条(準拠法および管轄)
規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第20条(セキュリティコンポーネント)
申込者及び利用者は、ウェブサイトおよびウェブサイトに組み込まれているソフトウェアには、デジタル素材を保護するためのセキュリティコンポーネントが含まれていること、およびこれらの素材の使用にDUPによって設定された使用規則が適用されることを承諾します。申込者及び利用者は、ウェブサイトに埋め込まれたセキュリティコンポーネントおよび使用規則を無効にしたり、回避したり、他の方法で干渉したりすることはできません。